肌のバリア機能とは

このページでは肌のバリア機能について説明します。肌バリア機能は紫外線や乾燥や雑菌等の外部刺激から体を守ってくれます。皮膚には肌の水分が必要以上に蒸散するのを防ぐ役目もあります。これは肌がすこやかな状態を守るための肌バリア機能です。

肌のうるおいを保つためにはこのバリア機能が整っている必要があります。肌が乾燥して外部刺激を受けやすいということはこのバリア機能が低下している状態になっています。肌バリア機能が落ちることによって、新しい角質層を作り出すサイクルも乱れてしまいます。

紫外線バリア機能を構成する保湿成分やアミノ酸が角質層の中で安定してとどまることが出来る肌のphの値は弱酸性です。肌の表面が弱酸性だと常在菌といって、普段からいる菌のバランスも整います。しかし、皮脂の少ない敏感肌の人や乾燥肌の人は肌が弱アルカリ性に偏りがちになってしまいます。肌を弱酸性に保つこともバリア機能の大事な条件になります。

肌バリア機能が低下するとおこる現象として肌の乾燥があります。これは肌バリアの機能が低下していて、老化現象が招いている状態です。ニキビ予防の保湿ケアを行ってバリア機能をサポートしましょう。

肌バリア機能が低下する原因としてストレスがあげられます。普段の生活の中で強いストレスを受けることや、強い紫外線を長時間受けてしまうと肌のバランスが崩れてしまいます。