ニキビと肌のバリア機能の関係

ニキビと肌バリア機能には密接な関係があります。まずはニキビができる原因からみていきます。顔や胸、背中によくできるニキビは肌や毛の根元が炎症を起こしている状態です。ニキビが一番できやすい時期は思春期です。それ以降は徐々に減少していきます。思春期の場合は骨や筋肉を育てるために分泌される成長ホルモンの影響により皮脂の分泌が活発になるので、その結果として毛穴の根元に皮脂が貯まってしまい、ニキビが発生する原因になります。

大人ニキビの場合は思春期ニキビとは原因が違い睡眠不足やストレス、乱れた食生活から栄養不足になることが原因で十分な栄養が肌に届かなくなった結果、肌荒れに繋がります。大人の人でニキビに悩む人は普段の生活習慣を見直すことも大切です。

スキンケア肌バリア機能とは紫外線や乾燥、雑菌等の外部刺激から皮膚を守ってくれる機能のことです。これは肌が健康な状態を守るための機能です。肌のうるおいを保つためにニキビができないようにするためには、このバリア機能が整っている必要があります。

皮脂の少ない敏感肌の人や乾燥肌の人は肌が弱アルカリ性に偏りがちになってしまいます。肌を弱酸性に保つこともバリア機能の大事な条件になります。肌バリア機能が低下すると肌が乾燥してしまうので日頃から保湿することが大事になります。

ニキビができにくい体質、肌質にしていくには普段からの生活でしっかりと睡眠を取ることや、肌バリア機能を活かすために普段からのスキンケアが大切になります。