肌のバリア機能とは

このページでは肌のバリア機能について説明します。肌バリア機能は紫外線や乾燥や雑菌等の外部刺激から体を守ってくれます。皮膚には肌の水分が必要以上に蒸散するのを防ぐ役目もあります。これは肌がすこやかな状態を守るための肌バリア機能です。

肌のうるおいを保つためにはこのバリア機能が整っている必要があります。肌が乾燥して外部刺激を受けやすいということはこのバリア機能が低下している状態になっています。肌バリア機能が落ちることによって、新しい角質層を作り出すサイクルも乱れてしまいます。

紫外線バリア機能を構成する保湿成分やアミノ酸が角質層の中で安定してとどまることが出来る肌のphの値は弱酸性です。肌の表面が弱酸性だと常在菌といって、普段からいる菌のバランスも整います。しかし、皮脂の少ない敏感肌の人や乾燥肌の人は肌が弱アルカリ性に偏りがちになってしまいます。肌を弱酸性に保つこともバリア機能の大事な条件になります。

肌バリア機能が低下するとおこる現象として肌の乾燥があります。これは肌バリアの機能が低下していて、老化現象が招いている状態です。ニキビ予防の保湿ケアを行ってバリア機能をサポートしましょう。

肌バリア機能が低下する原因としてストレスがあげられます。普段の生活の中で強いストレスを受けることや、強い紫外線を長時間受けてしまうと肌のバランスが崩れてしまいます。

ニキビの基礎知識

このページではニキビの基礎知識について説明します。まずはニキビができる原因から解説します。日頃からニキビと呼んでいる症状は尋常性ざ瘡という皮膚の病気です。顔や胸や背中によくできる赤いぶつぶつであるニキビは毛の根元や皮脂線が炎症を起こしている状態です。ニキビが出来る原因は過剰な皮脂の分泌であったり、毛穴の出口がつまっていたりことが挙げられます。

ストレスニキビのピークは思春期で、ニキビが一番できやすい年齢は思春期になります。それ以降は徐々に減少していきます。女性では中年すぎまで見られることもあります。思春期の場合は骨や筋肉を育てるために分泌される成長ホルモンの影響により皮脂の分泌が活発になるからです。

大人でもニキビが出来ます。大人の場合は思春期のニキビとは原因が違い、ストレスや睡眠不足が主な原因になっています。それ以外にも不規則な食生活や運動不足も原因になります。体内のバランスが崩れるとそれが肌のバランス崩れにも繋がります。睡眠不足になると身体の血流が流れにくくなるので十分な栄養が肌に届かなくなります。そのため肌の免疫力が下がり、結果的にニキビができやすくなります。そのため、大人の人でニキビに悩む人は医者に行くことも大切ですが、普段からの運動習慣や生活習慣を見直すことも必要になります。

ニキビと肌のバリア機能の関係

ニキビと肌バリア機能には密接な関係があります。まずはニキビができる原因からみていきます。顔や胸、背中によくできるニキビは肌や毛の根元が炎症を起こしている状態です。ニキビが一番できやすい時期は思春期です。それ以降は徐々に減少していきます。思春期の場合は骨や筋肉を育てるために分泌される成長ホルモンの影響により皮脂の分泌が活発になるので、その結果として毛穴の根元に皮脂が貯まってしまい、ニキビが発生する原因になります。

大人ニキビの場合は思春期ニキビとは原因が違い睡眠不足やストレス、乱れた食生活から栄養不足になることが原因で十分な栄養が肌に届かなくなった結果、肌荒れに繋がります。大人の人でニキビに悩む人は普段の生活習慣を見直すことも大切です。

スキンケア肌バリア機能とは紫外線や乾燥、雑菌等の外部刺激から皮膚を守ってくれる機能のことです。これは肌が健康な状態を守るための機能です。肌のうるおいを保つためにニキビができないようにするためには、このバリア機能が整っている必要があります。

皮脂の少ない敏感肌の人や乾燥肌の人は肌が弱アルカリ性に偏りがちになってしまいます。肌を弱酸性に保つこともバリア機能の大事な条件になります。肌バリア機能が低下すると肌が乾燥してしまうので日頃から保湿することが大事になります。

ニキビができにくい体質、肌質にしていくには普段からの生活でしっかりと睡眠を取ることや、肌バリア機能を活かすために普段からのスキンケアが大切になります。